【日本の学校教育はオワコン】恋愛でモテる方法は自分で学ぶしかない話

どうもヨシノリです。

 

今回は、「日本の学校教育と恋愛」について語ろうと思います。

 

自分自身、いつも不思議に思っていることがあります。

 

それは何かと言うと、僕らが必ず学ぶであろう「日本の学校教育は全く役に立っていない」ということ。

 

日本の学校教育で学べることって、基本的に知識の詰め込み教育でしかないですよね。

 

あなたも学校に行っていたので分かると思いますが、学ぶのは数学、国語、理科、社会、英語」などの教科。

 

こういったものをメインに学びます。

 

しかしこういう分野を学んだところで、社会に出て本当に役に立っていると思いますか?

 

自分からすれば、とても役に立つとは思っていません。

 

僕が学生時代好きだったのは、唯一体育くらいであとは嫌いでした。

 

ぶっちゃけ学校の勉強なんて、中学校を卒業するレベルでも十分ですし、義務教育レベルでも問題ないと思います。

 

学校の勉強を極める一番大きいメリットを挙げるとすれば有名大学に進学し、大企業社員や公務員になるためであり、それくらいしか役に立ちません。

 

覚えることも答えが決まっていますし、「与えられた問題」をただこなす能力が求められます。

 

まあ人によっては全然役に立たないわけでもありませんが、今の日本の現状を考えると無理に勉強に時間を割く必要もないですね。

 

世の中はどんどんグローバル化していますし、ただ言われたことだけをこなす人材は必要価値が低いです。

 

そして自分がいつも思うのは、「もっと肝心なことを教えろ」ということです。

 

日本の学校教育に足りないのは「恋愛学」である

僕が思う日本の学校教育に足りていないもの。

 

それは「恋愛の仕方」を教えていないというところです。

 

だいたい学生時代の恋愛って、イケメンとかある程度会話できるお調子者が、適当に勇気出したら上手くいったなんてものがほとんどです。

 

小さい頃から恋愛でモテるノウハウを研究する人なんてまずいませんし、たまたま上手く行った成功体験が自信になってるんですね。

 

そうなると、小さい頃からすぐモテる人はいいですが、たいていの男児はモテ方もわからなければ、告白する勇気もない人ばかりですから、恋愛に対してモテずに学校教育を終える人が大半かなと。

 

ちなみに僕も高校卒業するまで、「女性にモテる方法」なんてさっぱり分かりませんでしたよ。

 

学校教育では「性の教育」すらまともにしていませんし、コンドームを付けるとか、SEXの授業とかも全くありません。

 

そして、「恋愛というのは人生において非常に重要なテーマ」です。

 

なのに生まれてから死ぬまで恋愛の仕方を、誰も真剣に教えてくれないんですね。

 

ただ生まれてきて、学校や職場にいる人、知人の紹介や合コンでなんとなく好きになって、頑張って告白して時期が来たら結婚する。

 

だいたいの人がこんな感じで恋愛をして、生涯を終えると思います。

 

しかしこうやって上手くいく人はだいたいイケメンとか、元から会話がある程度できる男性が多いです。

 

そういう男性は別に恋愛を真剣に学ばなくても、イケメンだから女性に好かれやすいですし、会話もある程度感覚で理解してるからいいんですよ。

 

恋愛階級の中でも、元から上位層ですから。

 

問題は「元からモテない人」ですね。

 

昔の僕みたいな人です。

昔の自分は完全に「モテない人間」でしたし、恋愛の仕方というものがさっぱり分からなかったです。

 

どうすれば「モテるようになるのか」なんて理解の外にありました。

 

おかげで高校卒業までは、まったくモテない人生でしたし、童貞をずっとこじらせていましたよ。

 

好きな子がいても接し方がわからず、何もできない始末。

 

いつもいつも妄想だけは激しくて、オナニーで性欲を紛らわす日々。

 

そして結局他の男に取られてしまうというね。

 

本当に「自分の人生はこんなのでいいのか」と思っていました。

ただそこから「モテる方法(恋愛商材)」に出会うことによって人生は変わりましたし、分からないなりにも自分で積極的に学ぶことで、なんとなく「モテる」ということが分かるようになっていきました。

 

そもそも今考えると、日本の学校教育が恋愛についてちゃんと教えていれば、自分も早くモテてバラ色の学生生活を送れていたんじゃないかと思うくらいです。

 

もっと学校の教師が「恋愛学」を教えていけば、日本も少子化問題が改善されて、子供ももっと多く生まれますよ。

・男らしいモテるふるまい

・モテるための見た目の改善

・女性との正しい接し方

・正しいセックスの方法

・様々な出会いの増やし方

こういうことをちゃんと知っているだけでも、かなり人生変わりますから。

 

日本の学校教育もそこのところを、見直して欲しいですね。

 

ちゃんと努力さえすれば、恋愛の悩みは改善できるということが生徒自身も分かれば、もっと女性に積極的になる肉食系男子も増えていくはずです。

 

「ただ学校の勉強だけして良い点数さえ取れれば、人生全て上手くいくわけではないし、モテるようになるわけでもない。」

 

これは間違いありません。

 

もっと人との接し方やコミュニケーション、女性と上手く話す方法など勉強以外で大事なことを教えていくべきですね。

 

机に座ってただ学校の勉強をしてても、コミュニケーション能力が上がるわけではありませんから。

 

そもそも「コミュニケーション」は人と話して経験しなければ絶対に磨かれないスキルです。

 

正しくモテる方法を学びたければ、自分で自発的に学ぶしかない

学校では教えてくれない、恋愛の仕方。

 

そんな学校が教えてくれないなら、どうしたらいいのか?

 

その答えは「自分自身で、自発的に恋愛を学ぶしかない」ということです。

 

むしろ学校で教えてくれないからこそ、自分で学ぶ人こそ一番モテるようになります。

 

今はネットが発達しているおかげで、情報を簡単に知ることができますし、書籍や恋愛セミナーだってたくさんあります。

 

そのために自分もこうやってブログを作り「恋愛でモテる方法」を書いているのです。

 

まあメインは「ナンパ」ではありますが。

 

なぜ書いているかと言うと「少しでもモテない人をモテるようにしたい」からです。

 

僕自身も恋愛でモテない辛い過去がありますし、男に生まれて女性にモテない人生というのは本当に辛いことです。

 

好きな時に好きな人を落とせない、セックスできない人生というのは、苦痛以外の何物でもありません。

 

いくら地位や名誉、お金があったとしても結局女性がいなければ、どこか空虚なものです。

 

お金を稼ぐのも本質的には「女性にモテるため」と言っても過言ではないですし、僕は女性がいない人生は、お金だけあっても嫌ですね。

 

仮に、お金はあるけど女性にモテない人生と、お金はないけど女性にモテる人生の2択なら、僕は後者を選びます。

 

それくらい人生において、「女性」というのは大事な要素ですよ。

 

そして正しい努力で恋愛を実践すれば、必ずモテるようになります。

 

そのためにも僕もこうやってブログにモテる方法を書いたり、情報提供しているわけですからね。

 

学校教育は全くあてにならない。だからこそ自分から進んでモテる方法を学び、実践して努力し続ける

 

そのマインドを忘れないようにしましょう!

 

やはりモテを学ぶなら「ナンパが最強」過ぎる

そしてその中でも「ナンパ」の出会いは最強です。

 

モテない人からすれば「ナンパはハードルが高い」と思うかもしれませんが、実際コツさえ掴めば簡単です。

 

僕は「モテない人こそナンパすればヤバイくらい人生激変する」と思ってますし、実際ナンパしてる人達はみんな「人生が変わった」と言います。

 

そりゃ当然の話で、なぜなら「出会いが馬鹿くそ増えるから」です。

 

モテない人はそもそも出会いがない人が多いですし、「女性の数がない」のがそもそもの問題です。

 

そして、ナンパすれば後は「出会いの問題」は解決しますからね。

 

あとは実践を積み重ねていけば、強制的に嫌でも女性経験を積み上げることができます。

 

モテるためには、たくさんの女性を知らなければいけませんし、モテない人ほど女性経験少ないです。

 

僕もモテない時代を乗り越えて、モテるようになったのはやはり「経験値」を積み上げたからだと思ってます。

 

なので、あなたも「ナンパ」した方が絶対に良いですし、必ずモテモテの人生歩めますよ。

 

詳しいナンパノウハウは僕のメルマガでも動画があるので、是非とも参考にしてください。

 

⇨ヨシノリメルマガ登録はこちらからどうぞ

 

今回は以上です。

 

また何かあったら、連絡もコチラからよろしくお願いいたします。

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック! 次へ

ヨシノリのナンパでモテる男になるメルマガ

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック!
(Visited 330 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です