【職場の出会い】23歳フィリピン美女とデートして学んだこと

どうもヨシノリです。

 

新しく職場に入ってきたフィリピン人の女の子とデートしてきました。

 

今回はそのことについて雑談的に学びも含めて書こうと思います。

 

フィリピン人っていいですよね笑

 

外国人ってエロくて僕は結構好きなんですよね。

これは完全な好みなんですが、結婚するなら自分は外人がいいですね笑

 

外人の方がエロいですし、感情表現が豊かなので話してて気持ちいいです。

 

顔も目鼻立ちがくっきりしてて、もし結婚するならロシア美女とかウクライナ美女が最高です。

 

レベル高いですがいつか海外ナンパもしてみたいですね笑

 

そんなこんなで話が長くなりましたが、フィリピン人とのデートについて書いていきます。

 

仕事を教える流れでラーメンデートに誘う

今回は新人で一週間ほど前に入ったフィリピン人の女の子がいたので、仕事を少し教えることになりました。

 

ちょうどお昼前だったので仕事を教えるついでに「俺ラーメン食べたいからラーメン屋行こう」と誘ったら「いいですよ」とのこと。

デートに誘う流れですが、流れも色々な話をしつつ食べ物の話になったのでその流れで誘いました。

 

その時の僕はフィリピン人の子に質問攻めでした笑

 

「どこ住んでるの?」

「今まで仕事は何してたの?」

「兄弟何人いるの?」

「日本語上手く話せるの?」

「部活は何をしてたの?」

「運動好きなの?」

「仕事はもう慣れた?」

「好きな食べ物はあるの?」

 

本当に質問しまくりでしたが、彼女は快く全部答えてくれたので僕に対する反応は悪くないと判断。

 

そしてその中で「好きな食べ物」の話題から、ちょうどお昼前だったこともあり「じゃあご飯行こうか」という流れに。

 

僕はラーメン食べたくてラーメン屋を提案したんですが、その時もイエスかノーで答えさせる提案ではなく、もうそのまま「ラーメン屋行こうよ!」と提案しました。

 

要するに断定表現ですね。

 

いちいち相手に回答を求めない。

 

「もう俺がラーメン屋行きたいんだからラーメン屋に行こう!」

 

こういう誘い方は結構大事です。

 

そしたらフィリピン人の子も「私もラーメン好きです~食べたいです」と言っていたのですんなりオファーが通りました。

 

まあただご飯食べるだけですから、そんな大したオファーではないんですけどね笑

 

でも相手に何かを提案するときに質問系のオファーではなく、断定系のオファーは大事ですよ。

 

モテない男性ほど何か提案する時に女性に「YESかNOか」で答えを聞こうとしますけど、基本的にその必要はないです。

 

まあ場合にもよりますがほとんど断定表現で自信を持って提案すること。

 

これが一番何か誘いをオファーする上で成功率が高いです。

 

それが通ればそのまま行けばいいし、逆に通らなければその理由をつぶしたり女の子の話を聞きながら代替案を考えればいいのです。

 

ナンパにおいても断定系のオファーは重要です

話変わりますが、この考えはナンパをする上でも非常に重要です。

 

例えばホテルに連れて行きたい良い感じの女の子がいて「ホテル行かない?」と質問系で言ってもまず断られます。

 

なぜならその質問の仕方だと相手に選択肢があるからです。

 

そもそもですが、いきなりナンパで知り合った男性とホテルに行く女性ってほぼ皆無です。

 

質問されたら「いや、行かないですよ笑」と答えるのが普通なんですね。

女性の中では「ホテルに行く=Hをする場所」という認識があるのでそれを承認したらHをすることになってしまいますから。

 

なので選択権を女性に与えてしまうと、よっぽど男性を気に入ってない限りは「NO」と返事します。

 

基本的に女の子って何をするにしても理由を欲しがる生き物ですからね。

 

だからオファーを通したければ理由を与えなければいけません。

 

この場合なら男性側が「ホテル行こうよ!」と断定してあげるのも一つの理由ですね。

 

これなら女性側も「男性が無理やりホテルに誘ってきたから仕方なくホテルに行った」という口実ができます。

 

だから断ってるのに仕方なく押し負けてついて行っても「私のせいじゃない。男が無理やりだから」と理由ができるわけですね。

 

これは女性を口説いていく上で非常に大事なことです。

 

だから女性に理由を与える意味でも、男性側が堂々とオファーを通せばいいのです。

 

とまあ色々と説明していますが、フィリピン人に話を戻しますね。

 

そんな感じで理由つけてラーメン屋デートが確定したのでフィリピン人とラーメン屋に向かいます。

 

ラーメン屋で楽しく話して次のデートの約束を取り付ける

ラーメン屋の中ではフィリピンの子とラーメンを食べながら楽しくお話しました。

 

やはり女性と話す上で大事なのは、会話を楽しむことです。

 

そして会話を楽しむにはまず自分が楽しまないといけません。

自分が楽しくないと相手も楽しくないですからね。

 

感情というのは伝染しますよ。

 

あとはやはり笑顔です。

 

当たり前のことですがよく笑いポジティブに話をしましょう。

 

無愛想な顔よりも笑顔で接した方が相手の反応は鬼上がります。

 

モテない人ほどできてないです。

 

できてるように見えても薄ら笑いだったりしますからね。

 

できてないと思う人は鏡の前でもいいので徹底的に自分の顔見て笑顔の練習しましょう。

 

僕もよく鏡の前で笑顔の練習とかしたりします。

 

そしてそのまま顔の体操をしたりします笑

 

外国人の感情表現豊かなオーバーリアクションは見習おう

フィリピン人の子と話していて思うのは外人の女の子は感情表現が非常に豊かですね。

 

驚くときも目を見開いたり、手を顔に当てたりとてもオーバーリアクションです。

 

このしぐさはモテる上では参考になるので、日本人も見習える部分はたくさんあります。

 

よく言われるのが「日本人はオーバーリアクションができない、感情表現が下手」など相手にうまく自分の感情を伝えることができなかったりしますよね。

 

昔から日本は学校教育も軍隊式で横並び教育しかされてこなかったので仕方ないと言えば仕方ないのですが。

 

何かを伝えるにしても遠回りで回りくどいですよね。

 

「好き」とはっきり言えないのもそういった部分があるのだと思います。

 

ただモテたいのであれば感情表現は分かりやすくストレートが1番です。

 

好きならはっきり「好き」、嫌いならはっきり「嫌い」でいいのです。

 

それが普段の会話からできると女性との会話もスムーズに行きますよ。

 

もちろん感情をストレートに出しすぎると女性に嫌われたりもしますが、それはそれでいいのです。

 

嫌われているなら好きにさせることもできますし、好きだったら嫌いにさせることもできます。

 

嫌われていることを極端に恐れてはいけません。

 

女性の感情を動かすように仕向けるには、まず男性側が感情を出してアプローチしないとダメです。

 

女性からの反応を持つのではなくてどんどん仕掛けていく思考が大事です。

 

結果的にその後もLINE交換して「また違うお店にご飯を食べに行こう」ということで別の日に約束を取り付けました。

 

またゲットできたらいいと思いますね笑

 

まとめ:フィリピン人は可愛いし最高です!

今回はフィリピン人の女の子とのデートついて書きました。

 

フィリピンの女の子は素直な子が多くていいですね。

 

あと肌も色黒で少しふっくらした体型の子が多いイメージです。

 

また今後の結果が分かれば書いていきます。

 

あとフィリピン人とデートして学んだことは

 

今回の学び

・誘いは断定系ではっきりと伝える

・笑顔でポジティブに話す

・感情表現は豊かにする

こういった部分も日頃から大事にしていきましょう。

 

どれも大事なことですからね。

 

今回は以上になります。

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック! 次へ

ヨシノリのナンパでモテる男になるメルマガ

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック!
(Visited 1,025 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です