【筋トレ好き必見!】アニメ「ダンベル何キロ持てる?」見たら共感しかなかった

どうもヨシノリです。

 

最近見たアニメで面白いものがあったので紹介します。

 

僕は暇があれば「Amazonプライム」でアニメや映画を見たりします。

 

このようにノートパソコンで記事を書く作業をしながら、iPadやモニターで何か動画を流したりして作業するとはかどるんですよね笑

 

とまあそんなことは置いといて紹介したいアニメは「ダンベル何キロ持てる?」という筋トレアニメです。

 

最近こういうの多いですよね。

 

萌え系キャラ×〇〇みたいな組み合わせです。

 

僕はこういうのたまに見るのですが、やっぱり可愛い女の子が主人公だとつい見てしまいますね。

 

そしてこの番組は「筋トレ」をメインにしたアニメです。

 

最初聞いた時は「萌え系キャラと筋トレとかまた斬新だな!どれ見てやるか」と偉そうに上から目線で見たんですが見た後の感想は思った以上に面白かったです笑

 

想像以上に完成された筋トレアニメだった

このアニメは想像以上に完成されたアニメでした笑

 

ぶっちゃけ筋トレ好きな人とか本格的にボディービルダーとか目指している人が見たら「え?何これ!めっちゃ筋トレに詳しいやん!」と思わされるはずです

 

なにせ僕もそう思ってしまったからです。

 

実は僕もめちゃくちゃ本格的に筋トレしているわけではないんですが、高校時代からプロテインを飲んで筋トレ器具で鍛えているので共感するところがたくさんありました。

 

物語の簡単な説明をすると、ダイエットしたいギャル高校生ひびきという子がいました。

 

食べるのが大好きで暇さえあれば何かしら食べているグルメ大好きな子なんです。

 

そしてふと友達に「太ったね」という言葉を投げかけられそれがショックででダイエットに目覚めることになります。

 

最初はどうするか悩んでいたんですがフィットネスジムで筋トレ大好きな清楚系美少女あけみに出会いその流れで「筋トレ」をすることになったわけです。

 

ここまでは普通の流れなんですが、その後の展開で筋トレに対する知識や細かい描写とかが凄いです。

 

説明すると長くなるので一度見てみると分かります。一つ一つの会話に筋トレに対する本質的な知識が詰まってます。

 

あと初心者筋トレ師ひびきと、上級者筋トレ師あけみのそれぞれの心情が描かれていて色々共感してしまいますね。(筋トレ師ってなんだ笑)

 

ひびきは筋トレ初心者なので

「とにかく痩せればいい」

「マッチョなやつ超キモイ」

「筋力トレーニングキツ過ぎる」

という世の中の大多数の人が思うであろうダイエットする上で楽して痩せたい思考です。

最初は誰でも「とりあえず痩せたいから運動したりジムに通う」と思うんですね。僕も最初はそんな気持ちはありました。

 

逆にあけみは筋肉大好き女子なので

身体をボディメイクしてる自分に酔ってる」

「筋肉を見ると極度に興奮する。筋肉フェチ」

「筋トレに知識に凄く詳しい。筋トレマニア」

など筋トレが大好きな人からしたら、あけみの言うことには非常に共感できるのではないでしょうか。

僕もあけみの言うことに「うんうん、分かる分かる」と動画見ながら心の中で何度も頷いてしまいました笑

 

ちなみに僕は両方の意見に共感できます。

 

ひびきはひびきでまだ筋トレしたことのない初心者の心情をよく表していますし、あけみは女の子なのに普通に筋トレ知識あり過ぎです。しかもかなりマニアックな部分まで詳しい。

 

普通にボディメイクしたい人向けで、筋トレの正しいやり方をアニメという分かりやすい媒体を通して的確に教えてくれてます。

 

あとトレーナーで街雄さんというさわかやイケメンがいるんですが、この人の言うことも超勉強になります。

まじでトレーナーとして超優秀ですし、自分の意見を押し付けずに適格なアドバイスをしてます。

 

こんな人がトレーナーだったらかなり良いと思いましたね笑

 

でも脱ぐと凄いんです。トレーナー着を着てる時と脱いだ時の差が激しすぎてシュールで笑えます。

どうしてこうなった・・・(スーパーサイヤ人みたいに脱ぐととんでもない体になります)

 

ちなみにこのレベルのマッチョは生活の全てを捧げないと無理ゲーです。

 

モテる上で言うと超絶ゴリマッチョは目指さなくても大丈夫です。街雄みたいにボディビルダー並に鍛える必要はないです笑

 

でもある程度マッチョな方が男らしくてモテますけどね。男性は女性よりも筋肉が付きやすいので筋トレは絶対にお勧めできます。

 

少し頑張るだけでも結構付きますよ。

 

「ダンベル何キロ持てる?」で勉強になる部分

勉強になる部分は全部なんですが、いくつか挙げていくと

筋トレの大事な知識集

・トレーニング後は30分以内にタンパク質

・現代のプロテインは美味い。マックのシェイク並み(昔は不味かった)

・筋トレして食べると体重は減るのではなく増える

・食事を6回取るのは良いこと(個別に分けて取る)

・食事制限だけしてもダメ。筋肉も落ちる

・ダイエットには運動を取り入れるべき

・筋肉は大きいところから鍛えるのがベスト

・筋トレは毎日やらない。やり過ぎるとオーバーワークになる

・筋トレと水泳を同時にやると上手に鍛えられる

・運動前のストレッチは実は有害

・食べられるのは才能なんだよ

・筋肉を育てる上で最も重要なことは食べることだ

・大事なのはトレーニングを続けること

・トップクラスのマッチョは少し筋トレしただけでは付かない

こういう知識を会話の節々で言ってます。

 

まだ1~3話までしか見てませんが、どれも的を得ていて筋肉を鍛える上で大事なことばかりです。

 

初心者には「なるほどー」と思うでしょうが、経験者からすると「うん!そりゃ当然ですな」と思うことばかりです。

 

むしろ「ここまで的確に正しい知識を言ってくれて嬉しい!」と筋トレ上級者は思っていることでしょう笑

 

効率的に筋肉を付けていきたいなら筋トレをするだけでは駄目で、食事や休むことも大事なんですね。

 

「食べることが大事」ってのもちゃんと言っているのでこの原作漫画の作者さんは相当筋トレに詳しい人だと思います。

 

ナンパが上手く行かせたいなら筋トレは効果的

筋肉はモテる上でも重要です。

 

僕は筋トレをしてなかった頃よりも筋トレをして筋肉が付いている時の方がモテていると思います。

 

ではなぜ筋肉が付けばモテるかと言うと以下の効果があるからです。

・筋肉が付くことで男らしく見える。見た目がかっこよくなる

・筋肉が好きな女性は昔より増えている

・単純に男としての自信が付く。筋肉は男の勲章

僕的にはそう思います笑

 

僕が筋肉をつけ始めたのは高校時代ですが、なぜ筋肉をつけようと思ったのかと言うと当時バドミントンをしていたんですが「もっと上手くなりたい」という思いもあって始めました。

 

結果的に三ヶ月ほどかかりましたが、筋トレをしたことにより初心者からでも上級者のリーグに行くことができましたし、社会人になってからも団体戦で優勝もできました。

 

それまでは全然運動神経もよくなく、微妙な体型だったんですが筋トレしたことにより一気に能力が上がった気がしましたね。

 

それに恋愛でも筋トレを女性に教えたり、自分自身も筋肉が付いてモテるようになりました。

 

筋トレを教えたことでその流れでSEXまで持ち込んだ女性もいます。

 

ダイエットやフィットネスに興味ある女性って多いですし、そういう知識を語れるだけでも女性から尊敬されますからね。

 

一生懸命筋トレの知識を語ると僕が先生で女の子が生徒のような状態になります。

 

そこで上下関係が作れるので落とす時にも有効です笑

 

何よりも筋トレすることで自信が付くのが一番いいですね。

 

いつも言っていますが女性にモテる上で最も重要なのは「自信を持つ」ということですから。

 

筋肉あると、重い物を持てる、筋肉を鍛えているという圧倒的な自信が付きます。

 

あと代謝も上がるので痩せやすい体が作れて健康にも良いですよ!

 

まとめ:筋トレは絶対やった方がいい

まとめると「筋トレはモテたいならした方が絶対にいい」と思います。

 

そして今はそんな筋トレの素晴らしさを教えてくれるアニメもあるわけです。

 

「ダンベル何キロ持てる?」ってタイトルも面白いですし、今やどんなジャンルでも違う伝え方で情報発信してるので面白いですね。

 

昔のヒカルの碁みたいです。

 

ヒカルの碁が流行った時も凄い囲碁ブームになりましたから。

 

ということはナンパも漫画化、アニメ化や映画化したら凄く認知されて悪いイメージもなくなるかもしれませんね笑

 

何にせよ筋トレに興味があるなら一度「ダンベル何キロ持てる?」は見ておいて損はないです。

 

というか絶対見た方がいいです。

 

筋トレの知識も得られますし、女の子も可愛いし、シュールなギャルも出てくるので飽きることなく視聴できます。

 

是非とも参考までに。

 

今回は以上です♪

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック! 次へ

ヨシノリのナンパでモテる男になるメルマガ

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック!
(Visited 173 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です