【ナンパの敵は自分】イチローの引退会見から学べる即数を競い合う無意味さ

ヨシノリです。

 

ナンパのモチベーションが続かないという人のために「イチローの精神」から学べることがあるので記事にしました。

 

内容はタイトルにもある通り「ナンパとは自分との戦い」ということ。

 

少なくとも相手の実績に勝つよりも、日々自分に勝つ意識が大事です。

 

ナンパで言うと「ナンパで自分が最終的にどこまで目指していきたいのか?」その意志力がもっとも大事になります。

 

イチローの引退会見の言葉に感動した

僕は中学時代に野球部だったため、野球も結構好きなのですが2019年3月21日にイチロー選手が引退会見をしました。

 

イチローは日本では人間国宝ですから、知らない人はいないでしょう。

 

その引退の記者会見が1時間20分ほどあるのですが、その中で話していたことがあります。

 

ある記者の質問に対して

「生き方という風に考えれば、先ほどもお話ししましたけど、人よりも頑張るなんてことはとてもできない。あくまでも「量り」は自分の中にある。量りを使いながら、自分の限界をちょっと超えていく。そうするといつの日かこんな自分になっているんだ。少しずつの積み重ねでしか、自分を超えていけないと思っているんですよね。一気に高みにいるとすると、今の自分とギャップがありすぎて、それを続けられない。地道に進むしかない。」   by イチロー

 

僕はそのイチローの言葉を聞いて非常に共感を抱きました。

 

あくまでも「量り」は自分の中にあると言う点に置いて、イチロー選手は他人と比べて努力するのではなく、自分と常に戦っていると言っているんです。

 

今日の自分よりもさらに向上したいということ。

 

そしてこの発想はすごく大事です。

 

そもそもイチロー選手の記録自体これまですごい実績なんですが、それに対して常に自慢することも満足することもないですよね。

 

ちなみに以下が主な記録です。

イチロー選手の偉大な記録

・日本時代に打率385で首位打者を獲得

・日本で7年連続首位打者を獲得

・日本人野手で初のメジャーリーガー

・メジャーで歴代でのシーズン最多安打記録を樹立(262本)

・メジャーで10年連続200安打以上

・メジャーでオールスター出場、ゴールデングラブ賞を10年連続で獲得

・メジャー通算3000本安打達成

・日米通算で4257安打の新記録を樹立(日米での合算だが歴代で1位)

 

僕は野球が好きで記録とかよく見るのですが、本当に改めて確認しても果てしない神様のような記録です。

 

自分が日本でイチローと同じ時代に生まれてよかったと思っています。

 

とまあ僕の感想はどうでもいいですね笑

 

このイチローの発言から言えることは「他人と比べているのではなく、常に自分の精神と戦っているから」です。

 

そうじゃなければこんなとんでもない大記録とても達成できるものではありません。

 

こういう発想があると、どれだけヒットを打ち続けても満足しないその姿勢。

 

1試合で5安打打とうが、次の日の試合にはまた同じように朝早く起きて準備して試合にいつも通り望んでいるのがイチローです。

 

小さいことをコツコツ積み重ねるこの発想はまさに成功者の思考です。

 

それは他人の結果を気にして動くのではなく、自分と常に戦って昨日の自分よりも超えたいと思っているわけですね。

 

この発想が同じようにナンパでもできれば少なくとも継続することは余裕で可能なるわけです。

 

ナンパで即数を競い合うことに意味はない

よくナンパ師の中の一つのバロメーターとしてあげられるのが即数です。

 

要するに「ナンパで何人の女性とSEXをしたか?」を数字で表したものです。

 

巷では100人斬りのナンパ師が凄いとか、ツイッターでも自分のゲット記録を逐一ツイートする人もいますが、そんな他人の情報に惑わされて自分の本心を見失わないことが大事です。

 

もちろん数字ですから目標として

ナンパ師の目標

・今日は何人に声かけをする

・今月は番ゲットする

・一ヶ月で5ゲットする

などの自分なりの目標を立てることは悪いことではありません。

 

なぜならそれはあくまで自分の目標だからです。

 

しかし逆に自分よりも結果が出ているナンパ師を見て「毎月コンスタントに10ゲットしているナンパ師がいるから俺も頑張らないと」と焦ってしまうのはよくありません。

 

基本的に他人と比べてナンパ活動をするのは僕はあまりオススメしません。

 

中にはナンパの即数を競い合う形でナンパのモチベーションを高める人がいますが、誰でもそのやり方が当てはまるわけじゃないです。

 

僕ももちろん綺麗な女性がいたらたくさん抱きたいですし、ゲット数も一つの自分の成長の記録なので意識しないわけではありません。

 

ただ1つ自分の活動で言えることが他人と比べてナンパ活動はしない」ようにしています。

 

それよりも普段から自分のできる範囲で無理をせずに昨日の自分を超えていくことの方が大事です。

 

自分のペースでナンパをすれば必ず継続できる

他人と即数を競ったって何の意味もないですし、数ばかり追っているとトラブルに巻き込まれる可能性も飛躍的に上がります。

 

そういうナンパ師の方もたくさんいらっしゃいますし、自分の時間と体にムチを打って努力しないと行けなくなります。

 

もちろんそれができる人は自分の労働力の限界を超えてナンパすればいいです。

 

月10〜20ゲットをコンスタントに量産しているナンパ師がいるのも事実です。

 

最近では月100ゲットというとんでもない人もいるようなので、正直言って凄過ぎると思います。

 

しかし「それが自分も同じように再現できるのか?」と言うと、間違いなく「大多数の人には再現できない」と僕は思っています。

 

なぜなら人それぞれ生まれ持った容姿も環境も現在ナンパに使える時間も違うからです。

 

大学生なら時間があるので頑張れば毎日ナンパに出られそうですが、社会人なら仕事終わりや休日じゃないとできません。

 

他にも出会いの少ない田舎に住んでいたら、出会いの多い都会に移住しなければ効率が悪いです。

 

そして何よりナンパは「容姿」がモノを言います。イケメンだったら誰がどう考えても有利なのは事実なのです。

 

そのように人それぞれ生まれ持った要素、境遇が違うので、自分よりも結果の出ている人と比べてしまうとどうしても落ち込んだり無理をしないといけなくなってきます。

 

どこかで凹みすぎてナンパが嫌になることもあるかもしれません。

 

だからまずは自分のできる範囲で良いので他人と比べずにコツコツと自分と向き合って努力する方がナンパが長続きします。

 

ナンパは小さな成功で達成感を得る

まだナンパで大した成果も出せていないなら、小さな成功を日々積み重ねることです。

 

それはどんな小さなことでもいいんです。

 

僕は初めて1人でジャスコで声をかけられた時にはとてつもない達成感がありました。

 

1人で今から声をかけに行くだけでも緊張しましたし「わざわざナンパするためだけにイオンに行く俺は馬鹿かよ」とも思ってました笑

 

イオンの雑貨屋の中で1人で商品を見ている子がいました。

 

僕はその子に狙いを定めて、すごいぎこちない声で「こ、こんにちわぁ〜今からどこに行くの?」と声かけしました。

 

そしたら女の子は僕を虫けらを見るような顔で見て一瞬で逃げていきました。

 

周りから見たらどう考えても怪しいやつです。

 

僕の顔もにやけ顔で女の子からしたら超気持ち悪いやつだと思ったでしょう。

 

しかし、その時の僕の気持ちは無視された恥ずかしさよりも「やってやったぞ!」と心の中でガッツポーズするくらいの達成感がありました。

 

「こんな自分でも勇気を振り絞れば声かけできるんだ!」と喜びで胸がいっぱいだったんです。

 

もう結果の出ている人からすればこんなの全然大したことない話ですが、こんな1声かけでも初めて達成した時は超感動するんです。

 

このように小さな事でもいいので、達成できたら自分を褒めてあげることです。

 

そして決して他人と比べないこと。

 

例えば今あなたが地蔵してて、街に数時間出ているだけで全然声かけできなかったとしても凹まないことです。

 

それならナンパのために街に出た自分を褒めてあげればいいんです。

 

僕も最初は地蔵しまくりましたから。

 

無視されたり、周りに見られて恥ずかしい思いをする恐怖は誰でもあります。

 

でもそれが正常な思考なので心配する必要はありません。

 

ナンパは個人差がありますから、すぐに成果が出る人もいれば、全然出なくて脱落していく人も様々いるのは事実です。

 

僕も元々のスペックが低すぎて圧倒的にモテないタイプでしたから、モテない人の気持ちはよく分かります。

 

だから今でも簡単そうにナンパで成果を出している人を見ると悔しいし凹みますし「なんで自分はこんなにダメなんだろう・・」と思うこともあります。

 

ただいつまでもそんな他人の実績や評価を気にしたところで現状は何も変わりません。

 

それなら自分のこれからの成長を意識して他人と比べない方が絶対に人生幸せに生きる事ができます。

 

そういう思考の方がナンパが長続きしますし、やってるうちに凄腕と肩を並べるくらい上手くなります。

 

まとめ

まとめると、ナンパで努力するモチベーションは他人と比べるのではなく、日々の自分がどれだけ成長できているか?

 

その部分を意識した方が良いと言うことです。

 

僕はナンパする時も自分のできる範囲でしかやりませんし、他人と比べたりとかは基本しません。

 

性欲が沸かなくても街に出る事もありますし、逆に性欲あるのに途中でやる気が無くなったらすぐ帰ったりもします。

 

他人と比べると色々しんどいですし、凄腕の実績を目標に活動するのは良い事ですが、あくまで参考程度にして日々自己研鑽に励んでいます。

 

そしてイチローも言ってますが「夢中になれることを見つけること

 

これがあなたの中でナンパに夢中になれるなら、必ずずっと続けられるはずです。

 

最初は上手くいかなくて夢中になるのは難しいですが、少しずつ成果が出てくると街に出るのが楽しくなってきますよ。

 

まずはコツコツと1日1日小さな成功の積み重ねでいいので努力していきましょう。

 

ナンパで他人と比較しても意味などありませんし、常に達成感を感じて小さい事でも褒められる自分になってください。

 

今回は以上です。

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック! 次へ

ヨシノリのナンパでモテる男になるメルマガ

⇨ヨシノリの無料メルマガの詳細はこちらをクリック!
(Visited 298 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です